専門部会

 「就労支援部会」「地域移行部会」「発達支援部会」と大きく3つの専門部会を設置して、自分たちが生活するこの西牟婁圏域を、少しでも良くしていこう。どんなに障害が重くても住みやすい街づくりを目指して、取り組んでいます。
 障害福祉に関わる人たちだけでなく、地域に暮らす全てのみなさんと協力し、協働していくことが求められています。
就労部会
(一般就労部会、福祉的就労部会)

「障害のある人が働く」というのは、ほんの30年前は限られた人にしか機会がなく、当たり前ではありませんでした。国際障害者年以降、障害者福祉は前進をし、現在の福祉施策が構築されました。
 就労支援部会は、一般就労部会と福祉的就労部会の二つの部会で構成され、一般就労部会では、一般の事業所への就職等を支援し、自立にむけた取り組みをしています。福祉的就労部会では、作業所等の福祉施設を舞台に作業を通じて、給料がより多く貰えるような企画や提案を行っています。
 働くことを通して、豊かで幸せな人生をつくりたい。それは誰もが望む願いです。
地域移行部会
(精神部会、身体・知的部会)

地域移行部会は、精神障害者部会と身体障害者・知的障害者部会の二つの部会から構成されています。「病院や入所施設から社会へ」を根幹理念とし、それぞれの部会で現実と当事者や家族を中心においた活動を行っています。
 当事者や家族の高齢化に伴う多くの課題が浮き彫りになる中で、多角的な視点での取り組みを続けています。
発達支援部会
(就学前部会、学齢期・青年期部会)

発達障害児・者の支援体制の在り方について検討する為、「就学前部会」「学齢期・青年期部会」に分かれ活動しています。
乳幼児期における早期発見から学齢期の支援体制の在り方、さらに「ライフステージが変わっても途切れない支援を地域で考える」をテーマに、官民一体となって取り組んでいます。